ホテルに勤務していると沢山のトラブルに見舞われます。中には警察の捜査協力も珍しくなく当日予約も要注意です。

笑いあり涙あり ホテルの体験談集
MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルの当日予約には要注意人物が多い

我々ホテルに勤める者として、当日予約のお客様には要注意という教育をうけます。当日予約のお客様、もちろんすべてではありませんが、何かしらの問題などに関係する方は圧倒的に当日予約のお客様が多いのです。そしてホテル側としてその当日予約のお客様にもっとも注意すべきこと。支払方法が日払いであり、当日予約で延泊予約を意するお客様。ホテル側は当日予約の延泊は一度チェックアウトした後にお受けすることがほとんどです。そのまま延泊を受けることはあまりしません。ただし、お客様も色々な手を使います。それは、翌日チェックアウト時間より前に滞在延長の連絡を内線でかけてきます。ホテルには最大の延長時間が決まっており、その時間を過ぎると客室清掃の関係などもあり、1泊分をいただくという決まりがあります。
そして、延長時間ぎりぎりの時間で再び延長を申し出てこられますが、延長をお断りすると延泊という風に話をなされるというものです。よくあります。致し方なく2泊までの延泊はお受けしてもそのあとはあまりお受けしません。警察の捜査協力も珍しくなく、チェックインの日からの情報を調査すると、そのほとんどが当日予約なのです。このようにホテル側は当日予約に対しての最新の注意を行います。身分証明書の呈示を求めることもなく、ホテルは犯罪目的で利用されることも残念ながら多いのです。ホテルに従事する人間としてはそういったことが起こらないように、できる限り注意することも大事な仕事のひとつなのです。

Copyright (C)2018笑いあり涙あり ホテルの体験談集.All rights reserved.